プロ漫画家がプロデュースするオモシロ制作軍団!広告マンガ、キャラクターなど様々なアイディアと企画でコンテンツを提案!

マンガ家プロデューサー・うるの拓也のオフィス[URUNO CREATIVE OFFICE]
マンガ家プロデューサー

うるのクリエイティブ事務所
[URUNO CREATIVE OFFICE]


〒300-0843
茨城県土浦市中村南3-4-19
グリーンヴィラ土浦203
TEL : 029-842-0929
uruno@urutaku.com

■Twitterは[コチラ

すっかり更新してないので、とりあえずマズいトコだけ変更しました。

当社はホームページと広告マンガの制作プロダクション。個人オフィスですが、大手・中小を問わず、様々なお仕事をさせていただいています。直接のご注文でも、代理店様や制作会社様を通じてのご注文でも、お引き受けさせていただいています。

せっかくご注文いただいても、他の締め切りや先約の案件と重なってしまい、ご希望の納期やスケジュールに対応できないことがあります。正式なご注文の前に電子メール等で、一度、当社の対応スケジュールをご確認ください。(なお、御社だけでなく複数の締め切りに対応しているため、想定外の変更、修正などには対応できない、あるいはスケジュール、ご予算等に大幅な変更が出る場合があります。予めご了承ください。)
どの程度使えるのかは論より証拠。当社実績ページ(→マンガ実績)(→WEB実績)をご覧ください。

■「マンガでわかる素粒子物理学」発売中!
高エネルギー加速器研究機構のWEBサイトにて連載された「カソクキッズ」のファーストシーズン第3章までをまとめて改題した「マンガでわかる素粒子物理学」が学研さんから発売されました。部数少ないから書店に置いてあることは稀だと思いますけど、取り寄せできると思うので、是非読んでみていただけると幸いです。ボクもびっくりしたのは本のオビに小林誠博士が推薦文を書いてくださったこと。まさかノーベル賞受賞者の推薦文付きで本を出版する日が来るなんて夢にも思わなかったです!


■時空戦士イバライガー「イマジネーション・ノベル」
時空戦士イバライガーのSF設定などを徹底的に見直し「1年間の大人向けテレビシリーズの原作」という想定で小説化したのが「時空戦士イバライガー:イマジネーション・ノベル」です。漫画家が書く小説なので、色々不手際もあるでしょうけど、全力で本気で取り組んでいます。KEKで学んだ物理知識もふんだんに盛り込み、小説ならではのアツい展開を目指して執筆しております!(2015年7月現在、6巻12話までリリース)


■最近の出来事
16/12/09: 久しぶりにホームページを更新しました。いやぁ、プロの制作プロダクションが自分のサイトをほったらかしって、どう考えてもダメなんですが……自分のコトって、ついつい後回しになっちゃうんですよねぇ。普段ツイッターでつぶやくことが多くなったから、そっちで満足しちゃってる感じかも。いかんなぁ。
でも、ずっと遊んでいたわけではなく、色々な取り組みも始めています。もう少ししたらドドーンと発表できるかと思いますので、あとちょっとだけお待ちくださいませ。
15/07/15: 連絡先から「FAX番号」を削除しました。FAXが壊れたからなのですが、この数年、迷惑FAX以外のFAXが届いたことはないし、こちらから送ったこともないので、もうFAXは不要と判断しました。ただしレアケースで、どうしてもFAXで送りたい方がいらっしゃった場合は、すぐ近くの自宅FAXで受信可能ですので、そのような場合は事前にメールでご連絡ください。
15/07/14: 更新ほったらかしのまま、2年半。いや、お仕事いただいている皆様とは普通にお付き合いして、マンガもWEB制作も、それまで通りにバリバリやってたんですが、更新が止まっちゃっていたのは、たぶん、2年半前からツイッターを始めたからだと思います。そっちでアレコレつぶやいてるから、こっちに書かなくなっちゃった。いかん、いかんなぁ。
これからはできるだけ思い出して更新するようにしたいと思いますが、思うだけで結局なかなかやらないかもしれないので、ツイッターのアカウントのほうも記載しておきます。そっちで毎日クダラナイことをつぶやきつつ、合間に仕事のコトなどもつぶやいてますから。

[■うるの拓也Twitter]https://twitter.com/takuya_uruno

うるのクリエイティブ事務所は「東京都の漫画規制条例」にやっぱり反対します!
うるのクリエイティブ事務所は「東京都の漫画規制条例」に今でも反対です。
以前「非実在青少年規制条例」とされていた東京都の漫画規制条例が改正の上で可決されたそうです。「非実在青少年」などというバカバカしい部分はなくなりましたが、それでも、うるのクリエイティブ事務所はこの条例に反対です。
どんな内容の作品でも、そこで描かれている事は「思想」であり「意見」です。賛成・反対と議論したり批判したりするのは、どんどんやるべきだと思いますが、法や条例で規制するのは、その議論の場自体を奪ってしまう事であり、思想統制となってしまいます。どんなに正しく思えても、ある価値観を法律で押し付け、他の価値観を規制するのは、とても危険なことだと思います。それに、こうした問題に関して、厳密なレギュレーションを設定するのは不可能に近い。何を過激と感じるかは人それぞれだからです。誰かの主観で疑わしいもの全てをNGにしてしまうようなことも起こりかねません。
ボクは「漫画規制条例」が施行された際に、実際に規制を受けるであろう作品の多くを支持していません。それらの多くは「やりすぎ」であり、目に余る部分があると思います(実際、小中学生を対象とし、成人指定もないまま過激な性描写を売り物にしたマンガ雑誌が当たり前のように売られていたりもする)。
過剰な表現に対してボクは批判的であり、作者にモラルを求めたいとも思います。ですが、単純な二元論的な判断で白黒つけたいとも思わないのです。過剰と思えるシーンにも意義がある事だってある。何を是とし、何を拒絶するかは本人自身の価値観であり、判断基準を他者に委ねては、本当のモラルなんて生まれるはずもない。新興宗教なら何でも危険なカルトと決めつけたり、性的な描写を含むマンガを一律に悪書としてしまうのは、あまりにも短絡的です。一般的ではないものを全て遠ざける安直さで、本当に子供たちを守れるとは思えません。むしろ問題を闇に沈ませ、より深刻な状況へと追いやるだけではないかと危惧します。
問題について批判したり、議論を尽くしたりすることには賛成です。でも、本質的な解決を忘れて結論を急ぐ「漫画規制条例」には、まったく賛成できません。正義を押し付けることがどんな悲劇を生んだのか、歴史に学んでみるべきでは?(2010年12月15日)

その他の新着ニュースはコチラ
さらに提携漫画家もいるから、本格的な広告コミックやイラスト制作もOK!
本当のプロ作家が描いたコミックコンテンツを御社の広報に役立てませんか?
左メニュー、または以下掲載コンテンツ一覧からどうぞ。
更新情報とお知らせ

更新情報とお知らせ


コラム・読み物

イバライガー観察日記(ヒーロー支援コラム)

広告漫画家のつぶやき(漫画家向けコラム)

ヤルかヤラヌか(まぐまぐお薦めメルマガ)

インターネットの心(toride-Mainichi連載)

メディア提供記事・他

執筆・寄稿のご依頼、ご意見・ご感想について


企画・プロデュース

広報企画提案・立案・構築

コンテンツにこだわる漫画家プロデューサー


ビジネス漫画・イラスト

思わず読んじゃうマンガ広告

世界で知られる「MANGA」

広告マンガで何ができる?(FAQ)

マンガの種類と特徴

マンガ制作の流れ

似顔絵・キャラクター提案

その他のイラスト制作

制作・提案実績

提供作品の利用規定


WEB(ホームページ)制作

WEBリプランニング

WEBサイトができるまで

制作ポリシー

オプション(プログラム開発・CGI・他)

ホスティング(ドメイン・サーバ)

ドメンテさん(中小企業向けWEB企画制作サービス)

制作・提案実績

こんなWEBは失敗する


各種デザイン・DTP

印刷物のデザイン・制作


アドバイス・カウンセリング

アドバイス・カウンセリング

講演・勉強会・セミナー


料金一覧

対応サービスと料金表(2007.2/10改定)

無償対応(ボランティアメニュー)

通信販売の法規(訪問販売法)に基づく表示


会社案内

会社案内(概要/沿革/案内図)

スタッフプロフィール

インターン制度(この業界を目指す方へ)

お問い合わせ・ご注文


求人・募集・業務提携

求人・募集・業務提携について


このページのトップに戻る

(C)2007.TAKUYA URUNO CREATIVE OFFICE.